取り扱い物件の品質

投資マンションに関わる人について

最近サラリーマンの不動産投資が人気を集めています。
その理由はいくつかありますが、将来に対する金銭面での不安からきているのです。
かつてのサラリーマンは終身雇用が約束されていたようなものですが、今のサラリーマンには将来の安定はおろか退職金すらも保障されていないようなものです。
これは違う見方をすれば、個人で働く力を身に付けろと時代が要求しているとも解釈できます。
そういういきさつから不動産投資が注目されているのです。
投資マンションを購入する場合や売却する場合は、直接の売主や買主を見つけてもいいですが、一番ラクなのは不動産会社を経由することです。
これにより投資マンションを買いたい時、あるいは投資マンションを売りたい時に不動産会社が相手を見つけてくれるのです。

不動産会社のサービスとは

不動産会社は物件の投資マンションの売主と買主をつなぐ役割があります。
ではその具体的なサービスはどんなサービスでしょうか。
不動産会社は、売買契約の場合その契約を成立させるために価格に対する提案や資料の準備などを行います。
また、売主がいても買主がいないと話が進まないので買主を見つけるべく広告などでその売りたい物件を宣伝します。
これによってその不動産を見てみたいと言う人が現れたら、現地まで車で運びます。
もちろん交通費は取りません。
これは契約が取れてもとれなくてもです。
契約が成立すると売買契約に関する書類の作成を行います。
そして無事に売買契約成立すれば、売主と買主から仲介手数料をもらうことができるのです。